ポンド/ドル FX業者選びのポイント

デイトレードは、1日の値幅が大きい通貨ペアでトレードするのが鉄則ですが、
1度のトレードでは、10pips、20pips、30pips・・・と利ざやを積み上げていくのが鉄則です。

FX業者を選ぶ際には最低でもスプレッドが5pips以下の業者を選びましょう。

【英ポンド/米ドル:】のオススメ業者

FX業者 スプレッド 取引手数料 最大レバレッジ
外為オンライン 3p 無料 最大25倍
GMOクリック証券 1.1pips原則固定 無料 最大25倍
ワイジェイFX 標準2.5p 無料 最大25倍

英ポンド一口メモ

ポンドの為替レートは、激しく動く通貨として知られていますが、日本で馴染んでいるポンド/円は、実はインターバンク市場では取引されていません。外国為替市場で取引されている多くの通貨ペアの中では、ユーロ/米ドル、米ドル/円に次いでポンド/ドルが取引量が多い通貨ペアです。

為替取引の現場では、取引通貨の聞き違いを避けるためにいろいろな通貨をニックネームで呼んでいます。ポンドのニックネームは『ケーブル』です。インターバンク市場でケーブルというとポンド/ドルを指します。

英ポンド/米ドルが活発に取引される時間帯は、日本時間の15時以降からになります。欧州の投資家が市場に参入し、ポンド/欧州通貨クロス、ポンド/中近東通貨クロスなどの通貨が活発化すると同時に英ポンド/米ドルも活発化するのが特徴です。

HOME > サイトナビ > デイトレ通貨【英ポンド/米ドル】